女性ホルモンは、女性にとって必要不可欠となる成分です。

 

体の中で働くことで、精神を安定させたり、また美容が高まったりする効果が期待できます。

 

しかし、女性ホルモンは年を重ねるごとに、どんどんと減少していきます。

減少してしまうと体にどんな影響が出るのでしょうか?

 

女性ホルモンの減少の原因や増やす方法を徹底解説していきます。

女性ホルモンとはなにか?

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類あります。

 

エストロゲンは卵胞ホルモンともいい、卵巣から分泌されるホルモンです。

 

このホルモンが分泌されているときは女性らしい体を作ってくれたり、髪をツヤツヤにしたり肌もきれいにしてくれます。

 

主に生理後から排卵期にかけて分泌量がピークになり、生理前に徐々に少なっていきます。

 

プロゲステロンは黄体ホルモンともいい、黄体という細胞から分泌されるホルモンです。

 

排卵後から生理前まで分泌されます。

 

このホルモンは子宮の中を妊娠しやすいように整えるホルモンなので、分泌されると主に乳腺を発達させる働きや子宮の中に栄養をしっかり与える働きをします。

30代の女性にもある「更年期障害」

20代後半をピークにして、年を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量は減少していきます。

 

しかし脳は女性ホルモンのうちの1つである、エストロゲンを分泌して!と命令してきます。

なのにエストロゲンは出ないので、自律神経が乱れて卵巣の機能が低下してしまいます。

卵巣の機能が低下すると、さらにエストロゲンが分泌されなくなるので悪循環です。

 

その他にも不規則な生活や無理なダイエット、またストレスなどでも卵巣の機能は低下してしまいます。

 

最近では仕事などでどうしても生活習慣が乱れてしまう女性が増えて、若年性更年期障害になる方も増加しています。

 

また若年性更年期障害は20代から30代に発症しやすい病気ですが、30代後半から45歳くらいまでの方は更年期障害が起きる前に、更年期のような症状が出る「プレ更年期」というのもあります。

 

若年性更年期になるとどんな影響が出るの?

実際、若年性更年期障害になるとどんな影響が出るのでしょうか?

女性ホルモンが減少すると薄毛になる

女性ホルモンが減ると抜け毛が増え薄毛になる方もいらっしゃいます。

 

きれいな髪にすることができるエストロゲンの分泌量が減ると、どうしても髪がギシギシしたり、痛んだりしやすくなります。

 

さらに髪の成長が衰え、抜けやすくなってしまいます。

 

全体的に髪の量が減るので、地肌が見えてしまったりします。

女性ホルモンが減ると太りやすくなる

女性ホルモンのエストロゲンには、悪玉コレステロールが増えるのを抑えてくれる役割があり、内臓脂肪を減らしてくれます。

 

しかし若年性更年期障害を発症すると、エストロゲンの分泌量が減るので悪玉コレステロールが増える一方になります。

 

そうなると内臓にも脂肪がついていき、体重が増加してしまいます。

 

肥満になりやすい体になってしまうのです。

 

女性ホルモンが減るとお肌が荒れる

女性ホルモンは20代をピークにして、だんだんと減少していきます。

 

女性ホルモンの分泌量が減っていくと、コラーゲンなどをサポートする力も減っていき、結果としてお肌の潤いが減少していきます。

 

お肌の乾燥は、肌荒れの最大の原因ですから、女性ホルモンが減少することで肌荒れを引き起こすことも懸念されてしまいます。

女性ホルモンを増やす生活を心がけよう!

女性ホルモンの減少を食い止めるためには、日々の生活習慣を見直していくことが1番大切です。

 

質の良い睡眠だったり、バランスのいい食事だったりが必要となります。

 

しかし、すぐには生活習慣は変えることは不可能ですし、あまり続きません。

 

なので、生活習慣以外を改める以外にで女性ホルモンの減少を抑える方法をご紹介します。

 

大豆イソフラボンで女性ホルモンを補う

食べ物の中には女性ホルモンと一緒の働きをしてくれるものもあります。まずは有名な「大豆イソフラボン」です。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、女性ホルモンの分泌量が少なくてもしっかり補ってくれます。

 

女性ホルモンを増やすのではなく、女性ホルモンの代わりになるものですね。

 

大豆イソフラボンは、大豆食品の豆腐や味噌、納豆などに含まれています。

 

また、「まいたけ」にも女性ホルモンをアップしてくれる効果が期待できます。

 

ビタミンB2が豊富に含まれているので、肌や髪にもよくおすすめです。

漢方を飲んで女性ホルモンの減少を抑える

漢方には女性ホルモンを増やすものはありませんが、乱れた女性ホルモンを整える効果が期待できるものがあります。

 

女性ホルモンを乱す原因を取り除き、乱れないようにしてくれる優れものです。

 

主に血行を良くして乱す原因になる冷えや更年期障害の症状を緩和することで、女性ホルモンの乱れを整えます。

 

有名な漢方が「当帰芍薬散」、「桂枝茯苓丸」、「加味逍遥散」で、婦人科3大漢方薬といわれています。

 

漢方はすぐには効果を実感することは少ないのですが、飲み続けることで徐々に効果が出てきます。

 

普通の薬より副作用も比較的少ないので、安心して飲むことが可能です。

女性ホルモンの乱れを抑えるサプリを飲む

サプリのプラセンタなどは肌にいいとされていますが、実は卵巣の機能を活発化にして女性ホルモン分泌の乱れを抑える効果が期待できます。

 

女性ホルモンが安定的に分泌されるようになることで、女性にとって嬉しい美肌効果も期待できるわけです。

 

また、イソフラボンもサプリで摂取することが可能なので、食べ物でなかなか摂取することができない方はサプリメントで補ってもいいでしょう。

 

間違えやすい!更年期障害とPMS

よく間違えてしまいやすいのが、更年期障害とPMSです。

PMSとは月経前症候群で、生理前に起こる体の不調のことをいいます。

 

この2つの症状はとても似ていて、個人差もあるのでひどい方は更年期かな?と勘違いしてしまいやすい病気です。

 

主な症状は精神面が不安定になる、イライラする、眠れない、むくみやすいなどです。

 

PMSだと思っていたら若年性更年期障害だったという方もいらっしゃいますし、その反対だったという方もいらっしゃいます。

 

よく似ている2つの病気の見分け方はPMSはその名の通り、月経前にしかこの症状がでません。

 

だいたい2週間くらい前から徐々に症状がでてきます。

 

若年性更年期障害は生理前など関係なく毎日症状がでます。

 

さらに若年性更年期障害には汗が出やすい、のぼせやすいなどの症状がありますが、PMSにはないので、そこも見分けるポイントになります。

 

女性ホルモンについてのまとめ

生活習慣が乱れていると若年性更年期障害を発症する確率がグッと上がります。

20代のころは仕事に遊びになどどうしても生活習慣が乱れてしまいがちですが、20代だからこそバランスのいい食事、質の良い睡眠などを心がけましょう。

また適度な運動、ストレス解消などの対策も意識してください。