春先~夏にかけて誰もが、一つは購入をすると日焼け止め。

 

SPFやPAと言ったワードは聞き慣れていると思いますが、

正しい意味を知っていましたでしょうか?

 

日焼け止めもただ塗るだけでは十分な効果が発揮出来ず、

宝の持ち腐れ状態になってしまいます。

 

コチラの記事では、

SPFとPAの本当の意味、

日焼け止めの塗り方や正しいUV対策、

日焼け止め以外での有効的な紫外線ケアの方法についてお伝えしていきます。

 

日焼け止めの効果的で正しい使い方をマスターして今年の夏も乗り越えましょう!

日焼け止めのSPF値とPA値の本当の意味

誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、

日本製の日焼け止めには、必ず記載のあるSPF値とPA値

この2つの本当の意味をご存知でしょうか?

SPFはUV-Bを防ぐ効果時間の目安

SPFの数値が高い=日焼け止め効果が高いものと思っていませんか?

 

SPF値の本当の意味

それは"紫外線B波と呼ばれるUV-Bカット効果の持続時間の指標"であり、

効果の高さの指標ではありません。

 

紫外線にはそれぞれA波、B波、C波が存在している内のB波を防ぐ指標となるのがSPF値です。

 

UV-Bとは、簡単に言うと主に皮膚が赤くなる原因となる紫外線で、

最終的にはシミやそばかすになる原因とも言えます。

 

SPFの数値は一般的に1=約15分〜20分と言われているので、

例えばSPF1の日焼け止めを塗れば約15〜20分間紫外線B波を防いでくれるという意味合いになります。

 

日本では薬事法でSPF値の最高値は、50+までと決められています。

PAはUV-Aを防ぐ大きさの目安

SPFについての説明の際に明記した、

3つの紫外線のうちA波を防ぐ大きさを+の数で表したものがPAです。

 

肌を赤くする紫外線はUV-Bに対し、

UV-Aは光老化の原因となる紫外線とも言われ老化が、

原因でできるシミやたるみの原因になりやすいと言われています。

 

また、UV-Aは波長が長い為肌の深部まで到達し様々な影響を及ぼすと言われています。

 

UV-Aは雲や窓ガラスなども通り抜けやすい性質を持つ為、

例え室内でも対策を取る必要がある紫外線と言えます。

 

PAは+の数で効果の高さが示さ、+、++、+++、++++の4段階で分けられており、

+が多ければ多いほど紫外線対策の効果が高いと言えます。

 

SPFにもPAにも共通して言える事ですが、

数値や効果が高いから絶対大丈夫と保証されるものではありません。

 

日焼け止めはウォータープルーフがおすすめ

汗をかいたり、皮脂が出て化粧崩れが起きたりと様々な要因により皮膚から、

一度浮いてしまうと表記ほどの効果は薄れてしまう為、

紫外線対策を万全にするには小まめな塗り直しをするか、

もしくは、塗り直しが面倒な場合はウォータープルーフタイプを選ぶ事がオススメです。

 

しかし、ウォータープルーフタイプだとしても塗り直しは適度にする事をオススメします。

 

美容のプロ直伝!パーツ別UV対策方法

SPFとPAについて分かったところで、

ここではプロ直伝の紫外線ケア方法をパーツ別にお伝えしたいと思います。

 

普段からUVケアは徹底してる!と言う方でも、実はその方法は間違ってるかも…?

なぜ、そうした方がいいのか理由も記載しながらお伝えしていきますね。

顔のUV対策方法

まず皆さんが一番に気を使っているのが顔ではないでしょうか?

 

顔は身体の中で位置も高いため紫外線をより浴びやすいパーツで、

最も焼けたくないパーツNo.1という方も多いでしょう。

 

顔の紫外線対策のコツとしては、

一言で言うと「重ねるより小まめな塗り直しに限る」になります。

 

この日焼け止めのつけ方は化粧崩れのリスクを高めてダメージが受けやすくなる

比較的多いパターンとしてはベースメイクをする際に、

日焼け止め → 日焼け止め機能付きの化粧下地 → ファンデーション→ルースパウダー(おしろい)

と、何層も何層も重ねてしまうケースです。

 

NG行為とまでは言いませんが、重ねたら日焼け止めの効果が高まるという考えは間違いと言えます。

 

特に日焼け止めと日焼け止め機能付きの化粧下地のような液状の物を重ね塗りすると化粧崩れのリスクも高まり、

先程お話したように化粧崩れが起きると日焼け止めの効果は薄れてしまう為、

紫外線ダメージを防ぎたいが為に重ねてるにも関わらず、

逆にダメージを受けやすくもなってしまうのです。

 

効果的な顔のUVケア対策方法

では具体的にどうしたらいいのか?ですが、

オススメの方法としては、

下地 → ファンデーション(→ルースパウダー)と、

シンプルでも構わないので、

最後に使用するファンデーションもしくはルースパウダーは、しっかりと日焼け止め効果が入ったタイプのものを選びましょう。

 

何故かと言うと、ファンデーションとルースパウダーは、"塗り直しに使用する物" だからです。

 

下地やリキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションを持ち運んで塗り直しをするのはなかなか難しいと思うので、

パウダータイプのファンデーションもしくはルースパウダーがオススメです。

 

美白タイプの化粧品には紫外線カット効果が入っている

また、最近多い美白タイプのメイクアイテムは特にオススメです。

 

何故かと言うと、美白タイプのメイクアイテムには、

必ずと言っていいほど紫外線カット効果が備わっているので、

紫外線を防ぎながら既に受けたダメージに対しても、

スキンケアとして日中労わってくれる為一石二鳥アイテムだと言えます。

 

絶対に肌の透明感を保ちたい!と、思う方は是非美白ケアが出来るメイクアイテムを選んでみてください。

正しい使い方をマスターすれば秋口になった時に実感出来ますよ。

 

身体(ボディ)のUVケア方法

ボディについても顔と同じく、やはりこまめな塗り直しが紫外線対策の絶対条件となりますが、

もう1つ気を付けて頂きたいことがあります。

 

それは顔にも言えるのですが、十分な保湿ケアです。

夏は暑くてベタつくのが嫌だから冬よりも保湿ケアは怠ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

では、何故紫外線対策に保湿ケアが必要なのかについてお伝えしたいと思います。

 

紫外線対策には保湿ケアも重要!

もちろん、ただ保湿をするだけでUVカットの効果が生まれる事はありません。

 

では何故今保湿の話をしているのかということですが、

紫外線対策に置ける保湿ケアの目的は紫外線を浴びてしまった時のダメージを最小限に抑える事です。

 

日焼け止めを塗っていても、紫外線対策は100%ではありません。

塗り直しも必ずしも定期的に行える訳ではない方も多いと思います。

その為にも地の肌を肥やしておく必要があるのです。

 

保湿ケアアイテムの選び方

次に、保湿ケアアイテムの選び方のコツをお伝えします。

身体の保湿と言えばまず浮かぶのがボディクリームかと思います。

 

オススメしたいボディクリームは炎症を抑えたり、鎮静効果のある水分保持成分配合のボディクリームです。

 

何故かと言うと、日常的に使用するボディクリームに鎮静効果や水分保持機能があれば、

万が一紫外線を浴びてしまった皮膚の応急処置が出来るからです。

 

オススメ成分としてはアロエベラやアロエジュース配合のものが手に入りやすくオススメです。

 

また最近ではボディ用でもパウダータイプの日焼け止めも発売されています。

ベタつくのが嫌で塗り直しを億劫に感じる方はサラッと仕上がるパウダータイプが手軽でオススメです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

この記事では、基礎知識と最低限のケア方法についてお話しました。

 

本格的に露出が増え紫外線を浴びる機会の増える夏が来る前に、正しい方法で紫外線から肌を守りましょう。