肌の悩みは誰しもが持っているものです。

歳を取る、妊娠や出産で肌質が変わる、など肌の状態は日に日に変化していきます。

 

特に肌の悩みで聞くことが多い乾燥はしわやたるみ、

ほうれい線ができる大きな原因でもあるため、

肌の乾燥を抑えることができれば肌が潤い保湿されるため「しわ」や「たるみ」、

「ほうれい線」などの悩みも解消しやすくなります。

 

しかし、肌の乾燥を抑えること、解消させることはなかなか難しい現実があります。

 

乾燥しかさついている肌には、保湿力の高い化粧品を使用してもお肌に水分が浸透しません。

かさついている肌では、化粧品の吸収力が悪く肌の奥にまで浸透していかないからです。

 

いくら高額な化粧品、保湿力が高いアンチエイジング化粧品を使っても、

かさつきがひどい肌には、潤いがすぐに蒸発してしまい、潤いのある肌になることはできないのです。

 

乾燥しきった状態の肌には化粧品をしっかりと閉じ込めることが必要

乾燥してしまった肌にしっかりと、

化粧水や乳液、美容液やクリームを浸透させるためには、

ただ肌に化粧水を塗るのではなく、

肌の中に化粧品を入れ込んであげる工程を行うことで、保湿され潤いもあり柔らかな肌になることができます。

 

高額な化粧品は保湿力が高い成分(セラミドなど)がたくさん入っていることが多いですが、

保湿力が高い成分も肌の中まで入れ込まなくては肌の状態が良くなることはありません。

 

乾燥しきった状態の肌にはパックや美顔器の使用も必要

パックや美顔器を使用することも肌に潤いを与えたり美肌になるためには重要です。

 

顔の上で優しく押さえ込むと化粧品が浸透しやすくなる

パックなどで、化粧水を浸透させるほど時間に余裕がない場合は、

手のひらを顔の上に乗せ優しく押さえ込んであげることで、潤いを浸透させることもできます。

 

スキンケアを行う工程で化粧水、乳液や美容液、

クリームなどを肌になじませるときに数秒間だけ、

手のひらを顔の上に乗せ優しく押さえ込んであげることで、

手のひらの熱によってどの種類の化粧品でも肌の中まで浸透しやすくなります。

 

手のひらと熱を利用して化粧品をプレストすることで、

数秒間だけでも肌の奥にまで化粧品の成分が浸透しやすくなるので、

肌トラブルの主な原因である肌の乾燥を防ぐことができるようになります。

 

高額な化粧品やエステに頼らなくても保湿は十分にできる

肌を保湿するためのスキンケア方法はたくさんありますが、

高額な化粧品を購入したりエステなどに通わなくても手でプレストすることで十分な効果が期待できます。

 

手で優しくプレストする方法を使うことで、化粧品を肌の奥まで浸透させる美容法を実践することができ、

肌の乾燥だけではなく乾燥によってできてしまった「しわ」や「たるみ」「ほうれい線」などの

改善にもつながっていきます。

 

肌の潤いがキープできれば肌トラブルが起きにくくなる

保湿された肌を保つことができれば、

肌が乾燥することを防ぐことができるので肌の悩み、

肌トラブルが起きにくくなりしっとりとした保湿された肌を保つことができるようになります。

 

手のひらを使って化粧品を肌に浸透させ肌を保湿する方法は、

今すぐにできることやいつでも始めることができるの思い立った時に行うことで、

肌の乾燥の改善、肌トラブル、悩みの解消に繋がっていきます。