健康になりたいというのは誰もが抱いている思いではないでしょうか。

 

女性だと美しくなりたい、痩せたいという願望を持つ人も多いですが、

健康が伴っていなければその美しさや細さは見かけだけになってしまい、生活の質は落ちてしまいます。

 

健康と一言でいっても、そのための手段は非常に様々なものがあります。

 

今すでに健康だと思っている人と、健康でないと思っている人、

不調を感じている人ではアプローチが異なるのも当然のことです。

 

どのような悩みや目的があるにしても、一番重要だと思うのがタンパク質をしっかりとることです。

 

たんぱく質の重要性

タンパク質は体の細胞を構成する物質です。

タンパク質が足りなければ体を維持することもできませんし、新しい細胞に変えていくこともできません。

 

タンパク質をしっかりととることは体の維持と新陳代謝に不可欠なのです。

ですが、人間は栄養不足に非常に強いという特徴があります。

 

ベジタリアンなどでタンパク質が過度に不足した状態でも、

偏った食事内容でも、数年から数十年は劇的な不調を感じずに過ごすことはできます。

 

たんぱく質不足が身体に不調をもたらす

なぜかというと、体内では古いタンパク質を壊して再利用しているためです。

 

そのため、見た目には不調があらわれにくいのです。

 

ですが、タンパク質が不足している状況は確実に体に負担をかけています。

 

たいていは生命への優先度が低い肌や髪から影響があらわれ、

徐々にだるさや疲れやすさといった不調につながっていきます。

 

ここまでくると、タンパク質不足を改善するのにも長い期間がかかります。

 

たんぱく質の1日の摂取量は?

まずは体重×グラムのタンパク質をとることを意識すべきでしょう。

 

体重50キロの人ならば一日50グラムのタンパク質が最低限必要です。

肉、魚はだいたい100グラムで13~20グラムのタンパク質が含まれています。

 

卵は一つ6~8グラムほどのタンパク質があります。

 

大豆などにもタンパク質は含まれていますが、

バランスがよくなく含有量も少な目なので、肉、魚、卵などの動物性タンパク質を基本としてとるべきです。

 

より美しく元気になりたいなら2倍のたんぱく質が必要

妊娠中や授乳中、病気治療中、回復期、

より美しく元気になりたい人ならば体重の1.5倍から2倍は必要になります。

 

ここまでの量を食事からとるのは至難の業なので、

たくさんとりたいときはプロテインの併用がおすすめです。

 

プロテインは、純粋にタンパク質をとることができ、

脂質や糖質など余分な物をとらなくてすむので優秀なたんぱく源です。

 

少しずつでもタンパク質を増やしていけるとだんだん力がついてくるのがわかるでしょう。

肌や髪も再生してくるのがわかるはずです。